2012年より「日々ノ根」改め、「Co. & Kokorone」として活動いたします。よろしくお願いいたします。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 『魔女の宅急便』 | main | ランニング >>
ハロー、ハロー、ハロー
スピッツ,草野正宗,石田小吉,亀田誠治,クジヒロコ
ユニバーサルJ
¥ 1,890
(2002-09-11)
コメント:細く駆ける夜

アーティストフェスティバル@横浜赤レンガ倉庫へ。
さまざまなジャンルの作家さんが各々の作品を展示&販売。
銅板を彫った作品やガラス細工、切り絵が印象に残った。
とくに切り絵は自分もやっていたことがあり、久しぶりに興味がわいた。
にしても、せっかく切り絵としてつくっているものをコピーしてはがきサイズで販売していたのはなぜだろう。生産性がなくても完成までに膨大な時間がかかっても切り絵は、切りとることに価値があると僕は思っている。なんでもそうかもしれないけれど、自分に都合よく振る舞うと、チープに売れてゆく。
昼食はアボガドハンバーガー。
あまりの多きさのために、一口食べるごとに紙ナフキンで口のまわりを拭かなければならない。
日本人の顎はいつからあんなにあくようになったのだろう。
夕食は崎陽軒のシュウマイを買って帰る。
久々にスピッツの『ガーベラ』を聴いている。
ハロー、ハロー、ハロー...自分が1ミリよりも小さな存在に感じる。でも、その存在は宇宙よりも広がっているように思える。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK