2012年より「日々ノ根」改め、「Co. & Kokorone」として活動いたします。よろしくお願いいたします。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 12月、海福雑貨さんでプチ展示即売会をやります。 | main | ごぼうと生ハムのサラダ >>
端革を使い尽くす、と決めたからには。
「全然端革を使っているなんてわからない!」

とてもうれしい褒め言葉。

革は部位や向きによって使い方が違う。それを考慮してパーツを裁断してゆく。
靴の工房で勉強をはじめたころ、それがわからなくて間違えては怒られた。
コスト管理にもかかわる部分なので裁断はシビアな作業。
そんな裁断の過程でどうしても残ってしまうのが端革。
たいていは捨ててしまう端革をうちはためておく。
ブレスレットはその端革を使う。
1つずつヌキでぬいてゆく。
端革はどれもかたちが歪だから、1つずつ手で抜いてゆくしかない。
作業の合間合間に少しずつ進める。

ぬきとった革の中心に千枚通しで穴をあけてゆく。
1つずつ、グサッ、グサッと。
洗濯機を回している間だけとか、時間を決めて集中して一気にやる。
この中心の穴がずれると出来上がりがあまりよくない。
穴をあけたらこうやってためておく。たくさんたまっているとうれしい。
最近は在庫不足。
でも、ブレスレットのために革をきりとって使うことはない。
あくまで使えなくて捨ててしまうだけになった端革を利用するところに意味がある。
もし青色のブレスレットが欲しい人がいたら、
青色の赤ちゃん靴を3足ぐらい注文してくれるといい。
そしたら裁断の時に必ず残る革がでるから。
それを使ってブレスレットをつくります笑

千枚通しで穴をあけたところにテグスを通してゆく。
相方はこの作業が異常に早い。
中心にちゃんと穴が開いていて慣れてくれば、
穴を見なくても感覚でテグスを通してゆける。

留め具をつける。
この作業も相方のほうがきれいに早くつけることができる。

表面をコーティングしてガラス板の上でごろごろ転がしてかたちを整える。
これは自分のほうが得意。ちょっと指先に力を込めるのがポイント。
子どもの頃、チラシを丸めてかたい棒をつくるのが得意だった。
その能力が発揮される。
指先で凹凸を感じながらそれが滑らかになるように成形してゆく。

そうして完成するのが革のブレスレット。
説明をしないと木材やビーズと思われる方も多い。
革なので軽く、経年変化で色も変わってくるので、それも楽しんでもらいたい。

ぬき終わった残りの革。
うちが捨てる革はほとんどこんなかたちをしている。
もしかしたら、これも何かに使えるのではないかと思う。
そしたら何も捨てるところがない。
ものすごく効率よく革を使えていることになる。

お金をかけるのではなく、手間をかける。
その違いがつくるものの違いにも出てくると信じている。

そしてすでに端革を使った新しい試みも動き出している。プクプク…


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://mountriver.jugem.jp/trackback/363
TRACKBACK